2018/09/05

武田竜選手ATOMICマテリアル契約締結

武田竜選手ATOMICで全日本スキー技術選手権大会優勝を目指す!

2018年9月1日。

アメアスポーツジャパン株式会社(本社:東京都新宿区新宿6丁目/代表取締役社長:岸野博)アトミックは、日本を代表するトップスキーヤー武田竜選手とアトミック製品のマテリアル使用につき、正式に締結しましたことをご報告致します。

takeda_ryu

 

武田選手は、アルペンスキーをはじめたのは小学校1年生。その後、中学校3年生で日本代表ジュニア指定選手に指定され、国内だけではなく海外レースなどを転戦しヨーロッパなどの国際レースにも参戦。2013年29歳の年にワールドカップに出場。2014年アルペンレースから引退し、現在は指導者として「DRAGON WORKS」を主宰しジュニアの育成や、国体・マスターズなど日本で活躍する選手や世界で活躍する選手をサポートしつつ、自ら技術選アスリートとして全日本スキー技術選手権大会での優勝を目指し日々トレーニングに励んでいます。

 

武田竜選手コメント

まずは「全日本スキー技術選手権大会」優勝と、2年後のFIS世界マスターズ選手権での優勝(35歳以上クラス)が自身直近の目標。
世界で経験を積んできたレーステクニックと物理的根拠とを合わせた「武田竜メソッド」を国内のジュニア指導者向けにレクチャーして行きたいと思っています。また年間を通じて多くの方々へスキーの素晴らしさを伝えられる様に全国を駆け巡りますのでどうぞ応援の程よろしくお願いいたします。

 

自身の選手活動目標だけでなく、ジュニア育成に関する考えが激しく合致したのも、ATOMICとの契約に至った大きな要因です。これからは、同じ方向を向いて多方面でサポートしていきたいですね。

来シーズン2019年は全日本スキー技術選手権大会をはじめ、雪上での武田選手の活躍を願い皆様からも多大なるご支援とご協力をあわせてお願い申し上げます。

ATOMIC雪上イベントだけでなく、全国で開催するセミナーなどに武田選手は積極的に参加いたしますので乞うご期待下さい!

 

武田竜選手プロフィール

生年月日:1984年6月20日

出身地:北海道小樽市

出身校:近畿大学・北照高校

Takeda2-1

 

主な戦歴

2011年 全日本選手権 SL優勝

2012年 ヨーロッパカップ出場

2013年 全日本選手権 GS優勝

2013年 FEC SL優勝

2014年 FIS WC SLボルミオワールドカップ出場

2015年 国体成年男子B組優勝、全日本スキー技術選 総合9位

2016年 国体成年男子B組優勝、全日本スキー技術選 総合4位

2017年 全日本スキー技術選 総合4位

2018年 全日本スキー技術選 総合4位